本文へスキップ

神奈川県茅ヶ崎市の社労士 藤原社会保険労務士事務所 労務相談、労働・雇用保険なんでもご相談ください。

お問い合わせはこちら
TEL:0467-54-4667  FAX:0467-54-8454
  1. 就業規則の記載事項

就業規則の作成、改定PRIVACY POLICY

就業規則の記載事項

就業規則に記載する事項には、「絶対に記載しなければいけない事項(絶対的必要記載事項)」「その制度を定める場合は記載しなければいけない事項(相対的必要記載事項)」「自由に記載してもいい事項(任意的記載事項)」があります。
それぞれの詳細は下記を御覧ください。

絶対的必要記載事項

絶対的必要記載事項とは就業規則に絶対に記載しなければならない項目です。
労働時間、賃金、退職といった重要な事項です。

◆労働時間に関する事項
 ・始業、就業の時間
 ・休憩時間
 ・休日、休暇
 ・就業時転換について(交代勤務をする事業場の場合)
◆賃金に関する事項
 ・賃金の決定方法、計算方法
 ・賃金の支払方法
 ・賃金の締切および支払い時期
 ・昇給について
◆退職に関する事項
 ・退職について(解雇事由含む)

相対的必要記載事項

相対的必要記載事項とは、会社でその制度を定める場合は定めなければいけない事項です。
退職金に関する事項や賞与に関する事項、その他賞罰に関する事項等となっています。

◆退職金に関する事項
 ・退職金が適用される労働者の範囲
 ・退職手当の決定方法、計算方法
 ・退職手当の支払方法
◆賞与に関する事項
◆食費、作業用品その他の労働者の負担に関する事項
◆安全および衛生に関する事項
◆職業訓練に関する事項
◆災害補償および業務外の傷病扶助に関する事項
◆表彰、制裁の定めについてその種類、程度に関する事項
◆その他その事業場の全労働者に適用する定めに関する事項

任意的記載事項

任意的記載事項とは、会社が任意に定めることができる事項です。
労務管理規程や服務規程等があります。
その他にも、その会社の状態や方針に合った独自の規程を設けることが可能です。


絶対的必要記載事項は法律で定められているので記載の要否の判断は必要ありません。
しかし、相対的必要記載事項や任意的記載事項はその会社毎に変わってきます。
何を定めるのか分からない、迷ってしまうということもあるかと思います。
当事務所ではそんなお客さまのお手伝いをさせて頂きます。


ソース

藤原社会保険労務士事務所

〒253-0082
神奈川県茅ケ崎市香川1-1-29
栄紀ビル203号室

TEL:0467-54-4667
FAX:0467-54-8454

お問い合わせはこちら